祝梅雨明け!暑い日に聴きたい厳選洋楽ギターロック特集。

スポンサーリンク

史上初の6月中の梅雨明けが発表されましたが、みなさまいかがおすごしでしょうか。

クソ暑い。そんな日に聴くと涼しくなれる気がする、さわやかな洋楽ギターロック/ギターポップをまとめてみました。

邦楽でいえばフリッパーズ・ギターとか、スーパーカーとかそういうとこです。

ではさっそく行ってみよう。

スポンサーリンク

暑い日に聴きたい、さわやか洋楽ギターポップ/ギターロック

Alpaca Sports – Just For Fun

Alpaca Sports – Just for fun (official video)

スウェーデン出身のインディー・ポップバンド、アルパカスポーツ。スペインのエレファントレコーズ所属だ。

こないだ朝のマックで流れていたこの曲は、まさに初夏の蒸し暑い時に聴くと涼しくなれることうけあい。

かわいくてオシャレなインディー・ポップの世界。スペイン発レーベル、Elefant Records

The Pains of Being Pure at Heart – This Love is Fucking Right

The Pains of Being Pure at Heart "This Love Is Fucking Right" / Out Of Town Films

こちらはペインズのファッキンライト。

ペインズはアメリカ出身のインディーバンドである。

アルバムで聴くべし。

Pia Fraus – Springsister

Pia Fraus – Springsister

爽やかなツインボーカルのピアフラウスはエストニアのインディーロックバンド。

エレクトロ色があるのが特徴的。

boy pablo – Everytime

boy pablo – Everytime

先日来日が発表されたノルウェイ出身のシンガーソングライター、ボーイ・パブロ君。

過去に当サイトでも紹介しました。

気が抜けるような演奏と謎のPVがとってもクールです。

Phum Viphurit – Lover Boy

Phum Viphurit – Lover Boy [Official Video]

ニュージーランド生まれバンコク育ち、タイのヤングスターことプム・ヴィプリット君。STUTSと対バンしたりしていました。ギターポップではないけど、ボーイパブロくんと2マンツアーをするようなのでついでに紹介。

タイの日差しを思わせるさわやかでグルーヴィーな楽曲。なかなかカッコいいです。夏にピッタリ。

Geowulf – Saltwater

Geowulf – Saltwater

 

Real Estate – It’s Real

Real Estate – Its Real (Official Video)

いいですよね、リアルエステート。

とくにコーラス部分がW杯の応援ソングっぽくていいですね。

オーオオーオオーオオーオオーイッツリアール。

Teenage Fanclub – I’m In Love

Teenage Fanclub – I'm In Love

やっぱりインディー・ロックといえばティーンエイジ・ファンクラブですね。

スポンサーリンク

いかがだっただろうか

好きなんです、暑い日にさわやかギターロックを聴くのが。

ぜひ真似してみてください。

コメント