「歌モノジャズ」を聴こう。邦楽ジャズに有名歌手がフィーチャリングされている曲特集!

スポンサーリンク

ジャズ、と一口に言ってもいろいろなものがありますが、最近特にインストジャズバンドにフィーチャリングとして有名バンドのヴォーカリストがコラボレーションしてる曲」が多い気がします。

そこで、今回は「邦楽ジャズバンド×ボーカル曲特集」と題して、そのようなバンドを列挙してみました。

知ってる歌手とのコラボをキッカケに、ビッグバンド・ジャズを聴いてみよう。

スポンサーリンク

SOIL&”PIMP”SESSIONS feat.Yojiro Noda – ユメマカセ

まずはじめに紹介するのが、RADWIMPS野田洋次郎とSOIL & “PIMP” SESSIONS(ソイル・アンド・ピンプ・セッションズ)の曲「ユメマカセ」。漫画原作のTVドラマ「ハロー張りネズミ」のEDテーマとして使用されたことで話題になった曲だ。

はじめて声を聴いた時「YONCEか?」と思った。すごいサチモスっぽい。しかし洋次郎らしい。

カッコいいですよね。こういう曲を紹介していきます。

スポンサーリンク

SOIL&”PIMP”SESSIONSと椎名林檎 – 殺し屋危機一髪

またSOIL & “PIMP” SESSIONSかよ、と思われてしまうがカッコいいのでこちらも紹介。林檎嬢の(この呼び方エロオヤジっぽいですよね)セクシーな歌唱がセクシーなジャズに乗ることでもはやR-18な曲に仕上がっている。男子中学生だったら母ちゃんに隠れて布団のなかでこっそり聴くに違いない。

椎名林檎といえば今年はTVドラマ「カルテット」の主題歌「おとなの掟」も話題になりましたね。

そういえばこの映像、ゴッドタンの「マジ歌選手権」でバカリズムがパロディしてましたね。

この曲は椎名林檎が作詞作曲、編曲・演奏に斎藤ネコやH ZETTRIOのヒイズミマサユ機(H ZETT M、H Zetrio、元東京事変)が参加している。そりゃカッコいいに決まってる。同ドラマで音楽を務めたfox capture planもこのあと紹介します。

SOIL & “PIMP” SESSIONS、アルバムで聴いてもめちゃくちゃカッコいいので、夜のドライブの際に聴いてください。スピード違反に注意。

スポンサーリンク

東京スカパラダイスオーケストラ – 白と黒のモントゥーノ feat.斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)

続いてはスカパラこと東京スカパラダイスオーケストラとUNISON SQUARE GARDENの斎藤宏介が共演する「白と黒のモントゥーノ」マジでめちゃくちゃ歌が上手いことで名高いユニゾン斎藤とのコラボ。よくないはずがない。斎藤はユニゾンのライブでもこの高音を歌いこなしていた。パねぇ。

ジャンルはジャズというよりは(その名の通り)スカなのですが、ホーン(金管)セクション入ってるしビッグバンドっぽいから紹介。

モントゥーノ(montuno)というのはサルサ(音楽ジャンル)においてコーラスとボーカルのコール&レスポンスが行われるセクションを指した音楽用語、らしい。

スカパラといえば個人的にはこれですね。「銀河と迷路」。

ドラマ主題歌にもなったので思い出補正もあると思いますが……。ちなみに、この曲のボーカルはドラムの茂木欣一。

ゲストボーカルに甲本ヒロト(元ブルーハーツ、ハイロウズ、現クロマニヨンズ)を起用した「星降る夜に」も名曲です。是非チェック。

スカパラは他にもアジカンとのコラボ「Wake Up!」モンパチとのコラボ「流れゆく世界の中で」細美武士(元エルレガーデン、現モノアイズ、ハイエイタス)とのコラボ「Diamond In Your Heart」などもあります。全部イケてる。インストバンドは色々なボーカリストで聴けるのでいいですね。

スポンサーリンク

中塚武 – Your Voice (sings with 土岐麻子)

続いて紹介するのはジャズ作曲家・中塚武と元Cymbals・土岐麻子「Your Voice(ユア・ヴォイス)」

はい、そうです。きんモザのEDで知りました

中塚武といえば「北の国から」のリミックスでも有名なのではないでしょうか。

Your Voiceの話に戻しましょう。たまらん、音の洪水。Aメロでボーカルだけになるのもキュートだし、サビの解放感がスゴい

音楽的な話をすると、サビで短三度上(♭Ⅲ)のキー(同主調Bマイナーの平行調Dメジャー)へ転調している。Bメロまでの転調前のキーがBメジャー(ロ長調)で、サビでDメジャー(ニ長調)へ転調する。このDメジャーの Ⅵm が Bm で、転調前のトニック(Ⅰ・B)とルート音が一致しているというわけだ。近親調の近親調である。

ちなみにサビの直前のコードはF#7(Bメジャーにおけるドミナントセブンス(Ⅴ7))で、サビのはじめはEm7(転調後のDメジャーにおけるⅡm7。転調前のBメジャーにおけるⅣm7(サブドミナントマイナー))。サブドミナントマイナーはしばしばドミナント的に(Ⅳm7→1のようなドミナント・モーションとして)用いられることが多いので、聴覚上はドミナントが連続してキツく聴こえるのだが、サビでツー・ファイヴとすることで(Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰmaj7)強い解決感を得られるという仕組みになっているようだ。

まあ、こまけぇこたぁいいんだよ! いい曲はいい。それでいいです。

スポンサーリンク

Keishi Tanaka & fox capture plan – 透明色のクルージング

こちらはTVドラマ「カルテット」の音楽を担当したことで話題になったインストジャズバンド・fox capture plan(フォックス・キャプチャ・プラン)シンガーソングライター・Keishi Tanakaのコラボ曲。第9回全日本CDショップ大賞にノミネートされた。

fox capture planといえばbohemianvoodoo(ボヘミアン・ブードゥー)との共演も良い。インストでここまで聴かせるのは彼らのすごさであろう。

Keishi Tanaka – Floatin’ Groove 。

いい声してますよね。オシャレで爽やか。ポップスとしての完成度が高い。

スポンサーリンク

いかがだっただろうか

主旨からは外れるけれど、この辺が好きな人はEGO-WRAPPINとかORIGINAL LOVE、最近だとBLU-SWINGとかも好きになると思います。

オシャレでキャッチーなボーカル・ジャズ。是非聴いてみてくださいね。

コメント