ほぼJ-POP!?クロアチア・ポップスの世界へようこそ!【ワールドミュージック特集】

スポンサーリンク

日本のみなさん、グーテンモルゲン。こちら日本。

日本にいながら世界の音楽がいくらでも聴けるのに、日本の音楽しか聴かないのもったいなくないですか? せっかくなら、普通に生活していたら絶対耳にすることのないような国の音楽を聴いてみるのもいいのではないだろうか。

というわけで僕が今回提案したいのが「クロアチアン・ポップス」。ヨーロッパの国クロアチアのポップスです。

冒頭の画像がクロアチアの風景なんですが、綺麗ですよね。地中海行きたいな。

こんな素敵な風土からはやはりいい音楽が生まれる。というわけで聴いてみよう。

スポンサーリンク

Tony Cetinski

上記のおじさんが僕の一番のお気に入り、トニ・ツェティンスキ(Tony Cetinski)なのだが、小太りで少しハゲていてヒゲ面。記事の冒頭にこんなうだつのあがらないおじさんを持ってくるのもどうかと思ったのですが……。

Krik

Tony Cetinski – Krik

上記の曲は彼の曲、Krik。MVを再生すると冒頭、大勢の観客が映るライブ映像が差し込まれる。本国での彼の人気が窺い知れる。

曲はいわゆる王道ポップス。リードギターのイントロで始まり、ミュートギターの静かなAメロ、少し盛り上がるBメロから、ボーカルソロのブレイク(下記記事参照)が入りサビという構成もまさに王道。

さあサビが来るぞ! サビ前にボーカルソロになる曲11選
J-POPやJ-POPにおいて、印象的なサビを作ることは最重要事項であるといえる。そのためによく用いられる手法が「サビ直前のボーカルソロ」である。サビ前にブレイク(休憩)と呼ばれる無音を入れ、ボーカルだけになる。安直ではあるが、緩急がつきそ

そう。クロアチアンポップスはJ-POPなのである。

しかも、日本人が好むサウンドだと思いませんか? メロディアスでコード進行も分かりやすく歌モノ。

そしてトニさんの声も味があってイケている。日本で言うと長渕剛。

ただあの見た目だとどうしても浮浪者にしか見えないのが残念ではある。

Zena nad zenama

Tony Cetinski – Zena nad zenama

上の曲、「Zena nad zenama(ジェナ・ナ・ジェナマ)」はイントロからミスチルのようなピアノとストリングスが入る。小林武史がアレンジしていてもおかしくない。

こんな優雅なアレンジの中でクロアチアの長渕が歌うのかっこよくないですか? かっこいいですよね。「歌詞がよくわからないから洋楽が好き」なタイプの僕はめちゃくちゃ好きです。歌詞の意味がわからないからこそ、音を最大限楽しめる。そういう楽しみ方もアリじゃないですか?

Zbogom odlazim 

Tony Cetinski – Zbogom odlazim

この曲も冒頭からメロディアスなギターが入りポップ。シンセサイザーがかっこいい。 エレピの様な音もイケていますね。

スポンサーリンク

Željko Bebek

続いて紹介するのがŽeljko Bebek(ゼリコ・ベベク)。こちらも髭ヅラのおっさん。トニよりはダンディな感じ。旧ユーゴスラヴィアを代表するロックバンド「Bijelo Dugme(ビイェロ・ドゥグメ)」の元ボーカリスト。彼のソロが良いのだ。

Gospodari noći

Željko Bebek ft. Gospodari noći – Gospodari noći

上の曲「Gospodari noći(ゴスポダリ・ノシ)」は日本語で「夜の紳士」。フィドル(アイルランド音楽で使われるメロディアスなヴァイオリン)とアコーディオンの音がたまらない。

Ako voliš ovu ženu

Željko Bebek & Oliver Dragojević – Ako voliš ovu ženu

クロアチアの曲はしばしばアコーディオンやフィドルのような民族楽器が入る。北欧スカンディナヴィアなどの影響も受けているのだろう。

メロディアスな、アイリッシュなアレンジは日本人との親和性も高い。と思う。どうですか?

スポンサーリンク

いかがだっただろうか

クロアチアの音楽は日本で聴くことはほどんどないだろう。このような普段絶対に聴かないような国の音楽を聴くことが、思わぬ刺激になることもあるだろう。

僕はこういうの好きなのでみなさんも聴いてみてね。

では。

コメント